遠距離恋愛は長続きしない?これなら絶対上手く行く5つの秘訣!

遠距離恋愛では、

「絶対長続きしないだろう」

「自然にフェードアウトするだろう」

よく、こんな風に言われますよね。

でも、実際に、遠距離恋愛で長続きしているカップルは、遠距離だからこそ、長続きしているようです。

では、具体的に、どのような付き合い方なのか、遠距離恋愛で長続きする5つの秘訣をこの記事でお伝えしていきます。

遠距離恋愛で長続きする5つの秘訣

遠距離恋愛では、遠距離だからこその秘訣があります。

つまり、遠距離ではない普通の恋愛と同じように考えていてはいけません。

長続きさせるには、これら5つの秘訣をぜひ活用してみてください。

お互い納得いく頻度で連絡をしあう

「遠距離恋愛だから頻繁に連絡しあう」のが当たり前だと、あなたは思われているかもしれませんね。

しかし、遠距離だからこそ、相手は都合が悪くても、無理に合わせているかもしれません。

「忙しいけど普段会えないから連絡くらいは仕方ない」

こんな風に、遠距離だからこそ無理をしてしまうことで、それが積もってヒビとなることはよくあります。

翌日、無理したことで日常生活に滞りが出てストレスを溜めるかもしれません。

翌日、無理したことで体調を崩すかもしれません。

遠距離恋愛だからこそ、お互いにとって、心地よい頻度で連絡しあうことが大切です。

そのためには、お互いできちんと話し合い、納得し、うまくかみ合う頻度で連絡しあうことが長続きの秘訣といえるでしょう。

相手を一番に考えない

相手を一番に考えてしまうと、考えすぎるあまり、それがストレスとなり、二人の関係に悪影響を与えかねません。

「今日は電話があるかもしれないから帰るね」

という感じで、過ごしたかった楽しい時間を逃すこともあるでしょう。

「来週の土日は会えるかもしれないから旅行は無理」

という感じで、行きたかった楽しい旅行の誘いを逃すこともあるでしょう。

結果的に、電話が無かったり、土日に会えない可能性は十分あるわけです。ある意味当然でしょう。残念ながら、相手はあなたが自分につねに予定を合わせようとしているなんて、たぶん思っていないでしょうから。

そうすると、あなたが楽しみにしていた、他の人からの予定を断ってガッカリすることだけでなく、恋人に対して「せっかくあなたとのために予定空けておいたのに…」といった、虚しさやイライラが出てくることがあります。

あなたの気持ちや感情の高まりによっては、相手にその虚しさやイライラをぶつけてしまう可能性もあるかもしれません。

そうすると、実は今週は無理だけど、来週あなたと会うつもりでいた相手も、ちょっと気分を害したり悲しくなりかねないですよね…。

なので、会わない時は相手を一番に考えず、自分の時間を有意義に過ごすようにしましょう。

寂しい気持ちを抱え込んでばかりいると、「遠距離恋愛=苦痛」になっていきます。

相手を一番に考えないことが、結果的に、一番に考えていることになるのです。

相手への束縛を避ける

「今日は何してるんだろう?」「浮気しているのでは?」という気持ちが、要らない想像を掻き立てることはよくあります。

浮気を心配したり、相手の行動が気になるあまり、頻繁にメールで質問攻めしてしまったり、電話攻撃するのは絶対にやめましょう。

「明日から相手も連休で会えるはずなのに、なんで夜になっても連絡こないの?」とか、「会社の飲み会で同僚に女の子がいるって聞いているけど、二人きりで変なことになったりしてないわよね??」などなど…。

あなたと会っていなくても、精神的に監視されているような気分になってくると、相手はいよいよこう告げたくなります…。

「遠距離だからって束縛されるなら別れたい」

相手の動向に敏感になりすぎることで、こんな風に相手の気持ちは離れていってしまいます。

本当は何もないのに、あなたのその行動が、本当の心配事を作ってしまう原因にならないように、相手を思いやり、信じてあげてください。

相手への束縛を避けることが、遠距離恋愛を長続きさせる秘訣ですからね。

会う時と会わない時の気持ちのメリハリをつける

「遠距離恋愛=会えない」という気持ちから、会っていない時は沈みがちになると思います。

しかし、気持ちにメリハリをつけないと、会っている時でさえも、「もう少しで会えなくなる」という寂しい気持ちが芽生え、常に負の循環となってしまいます。

会っていない時は、会える日があるのですから、その日その日を有意義に生きるべきです。

会っている時は、会えなくなる瞬間を思い描くのではなく、その時を有意義に満喫しましょう。

連絡はいいのですが、日々の生活の中では、やり取りし過ぎないことが、より遠距離恋愛を楽しむコツだといえます。

そうすることが、遠距離恋愛を長続きさせるのです。

次はいつ会うかなるべく会ってる間に決めておく

次に会う日を決めないことは、不安を増長させるだけです。

会った時には、必ず、次に会う日を決めましょう。

二人一緒の時は、気持ちが盛り上がっています。

その時に決めておかないと、離れてからでは中々決まらないこともありがちです。

「またメールで決めよう!」「予定を見てから決めよう!」とのんびり考えていると、どんどん時間が過ぎるばかり。

会う約束ができていれば、遠距離恋愛で感じる不安や寂しさも軽減されます。

自然消滅を避けるためにも、会った時には次に会う日を決めることを、当たり前のようにしておくことをお勧めします。

それが遠距離恋愛を長続きさせる秘訣ですから。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

遠距離恋愛は普通の恋愛と違い、我慢すべきところは多いです。

しかし、その分、思いやりを持つことで、二人の親密度はより以上に増していきます。

この、遠距離恋愛で長続きする5つの秘訣を実践することで、

「絶対長続きしないだろう」

「自然にフェードアウトするだろう」

と思われるようなことも無くなり、遠距離だからこそ、長続きすることが出来るはずです。

ぜひ、活用していただいて、遠距離恋愛で上手くいってるカップルとなり、お互いに思いやりながら成就していただければ幸いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA