好きなのに、交際が「別れ」につながる恐れの5つのNG行動とは?

今回は、恋愛で「好きな相手と付き合ってるとき、こんな行動したら、別れることになっちゃったよ…(TДT)」という、自らの未熟な過去の経験から、好きなのに、交際が「別れ」につながってしまった、5つのNG行動とは?について、過去の自分への戒めも含め、記録しておきたいと思います。

特に今、恋愛し始めて日が浅いとか、初めての恋愛これからも続けられるかな…といった人へ、「好きだけど、こういう事はできることならしちゃ駄目よ~」という点について挙げていきますね。

せっかく、縁あっての関係なので、できることなら長続きさせていきましょう^^

トラブルがあるとすぐに「別れる!」と言う

好きな人と付き合うことができても、その関係が長くなればなるほど、いい時ばかりでなく、ケンカや険悪な雰囲気が続くというトラブルが出てくることがありますよね。

そんな時に、相手に対して腹が立ったりムカついたりすることもあるでしょう。

そうすると、気持ちはそれほど本気でなくても、「もう別れる!」とつい口走ってしまうことも…。

その本心は、相手に謝ってもらいたかったり、非を認めてもらいたかったり、言った自分自身のほうを向いて構ってほしい、という希望だったり様々だと思います。

しかし、「別れる」という言葉は、たとえケンカの最中ついうっかり!な時でも、カッとなって頭にきたときでも、腹の底にしまっておいたほうがいいでしょう。

というのも、「別れる」と言ってしまうと、本当に最後の切り札を使ってしまうことになるかことと、なにより、本来その気ではない相手を「別れたいと思わせてしまう」ことにもなりかねません。

最初はケンカして別れる!と言われたら、焦って相手のご機嫌をとったり、なだめたりもしますが、それも頻繁に言われると「またか…」と、うっとおしくなり、だんだん本当に別れたくなってきます。

付き合い慣れると交際自体に興味が薄れてしまう

「それならもう別れたほうがいいじゃん」そう思う人もいるかもしれません(苦笑)。

ただどうしても、期間を長くつき合えばつき合うほど、「慣れ」や「マンネリ」がきて、最初のころのように、二人のつき合い自体にあまり重点を置かなくなる人もいるでしょう。

そうなると、交際自体にあまり自分の気が向かなくなる、ひいては「交際自体に興味が薄くなる」ことになる可能性はあります。そうなってくると、自分の中だけの問題でなく、態度にも出てくるので相手にも勘づかれる場合があります。

それでも、興味が薄いままつき合いを続けると相手から「最近自分に興味ないのかな」と思われ、それがさらに続くと、「もう別れたほうがいいのかも…」と思わせてしまいそうですね。

相手を「変わらない」と決めつける

つき合いたての最初の頃はいいですが、つき合いが続けば続くほど、相手のいいところだけでなく、悪いところなどアラが見えてきます。

それでも初めは「○○なところ、できたら直してほしい。」や「〇〇じゃなく○○だと嬉しいんだけどな」と相手に対して注意してはみるんです。しかし、それも数年経っても変わらないと、段々と「諦めの境地」に至ることがあります。

この人、もう「こういう人」だから、と。

もしかしたら、こちらに話さないだけで、相手自身変わろうと何かしらの努力をしているかもしれません。

そこを「もう(今後ずっと)この人変わらないから」と決めつけて、変わろうとしてるかもしれない相手の気持ち(や努力)をシャットアウトしてしまうと、相手側も「そう思われてるなら、もう努力も無駄だね」と変わろうとする姿を邪魔してしまうでしょう。

常に別れてしまうことに対して恐怖を感じている

これは今まで恋愛経験が無かったり、自分にひときわ自信がない時に思いやすいです。

付き合ってる最中に、ちょっと険悪な雰囲気になったり、ケンカしてしまうと、ひときわ感じやすいですね。

ちょっとしたいさかいでも、「これがきっかけで別れることになったらどうしよう…」と毎回強い不安を感じてしまう。その不安が相手に伝わるのが積もり積もると「…そんなに不安にさせるなら、もう、別れようか」と言われてしまいます。(ウソかもしれませんが実際経験あります^^;;)

「相手に好まれよう」と自分を変えようとする

わかりやすい例だと、付き合っている相手(例えば彼氏の場合)が、何気なしに「俺、ショートカットの子とか好みなんだよねぇ。」といえば、自分はロングヘアが良くて、その髪型でも、相手の為にショートカットにする。

またある時は、相手が「俺は結構スポーツしたりするの好きなんだよな」と言えば、インドア派で体を動かすのが苦手でも「相手を喜ばせようと」ランニングしたり、ジムに通い水泳を始めてスポーツを頑張ろうとする姿を相手に知ってもらう…など。

しかし、そういうことも、やってる本人が「恋人がそう言ったから始めた」ではなく、それ以外の面で、自分からメリットを感じて行動しているなら全然OKです。

今あげたスポーツの話なら、気になるお腹の肉をスリムにしていきたいから、ストレッチする。疲れやすいから体力付けるためにウォーキングやランニングする…などですね。

相手の言葉がきっかけだけど、気持ちは自分のために行動しているならいいんです。

問題なのは、「恋人がそう言ったからやっている」だけの場合。

この場合、一見すると、恋人が相手の好みになろうと努力するという、好みを言った相手からはメリットしかないように感じられますが、実はこれ、NGに近い行為です。

好みを言った相手にしたらどうも、こんな言い分のようです。(例:男性からの場合)

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”運動好き男子”]俺はスポーツとか体動かすこと大好きなんだよなー。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”運動苦手女子”]じゃ、じゃあ私も全くの運動音痴だけど、一緒に運動楽しめるように頑張る![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”運動好き男子”]いや。君はスポーツしなくていいよ。頑張るくらいなら無理しなくていいよ。「俺がスポーツ好き」ってだけだから。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”運動苦手女子”]でも、スポーツ好きなんでしょ? なら、私も「頑張って」できるようになれば2人で楽しめるじゃない^^ね!ね![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”運動好き男子”]…なんかそれって俺がそうさせてるみたいでイヤだな。[/speech_bubble]

 

…会話が上手い例でなかったかもしれませんが^^;、自分はこれが好きだけど、それを苦手な相手にまで「無理に」させたくない。まして、それでも「相手の為に無理してでも変わろうとする姿」が、相手からは重く感じたり、この人には自分ってものがないんだろうか?と思ってしまうようです。

まとめ

好きだけど、交際を続けていく上では「続けると距離が離れるNGな行動」いかがでしたでしょうか?

長くなってしまったのでもう一度まとめますと

・トラブルがあるとすぐに「別れる!」と言う

・交際自体に興味が薄れてしまう

・相手を「変わらない」と決めつける

・常に別れてしまうことに対して恐怖を感じている

・「相手に好まれよう」と自分を変えようとする

 

読めば、「なんだ。大したことない。こんなの基本的だよ」と思ったり、「まさか!こんな事したって別れるわけないじゃん。」と思うことだらけかもしれません。

しかし、些細な事でも積もり積もれば、今の関係に影響してくるという可能性は十分ありますので、気を付けるに越したことは無いでしょう。

今後のお付き合いがより幸せになり続けていくことを願って、〆といたしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA