初新車をディーラーから購入する際 激しく後悔しないための5つのポイント!

あなたは新車を初めて買う際、現金派ですか?

それともローンを組んで買う派でしょうか?

新車を実際見て買うとなると、候補にあがるのがディーラーへ見にいくことでしょう。

ディーラーに足を運んでから、もし車を買う運びになった時、契約前や契約後、今日買わなきゃよかった…という思いはなるべくしたくないですよね?

そこで今回は、私が結婚前にやっちまったー!(涙)な、後悔経験をもとに、

初めて新車を買う際に、この5つを心がければ、ローンで新車を買っても、後悔しないと思うポイントを書いていきます。

絶対その日に即決しない

もし、『今日行った先の○○ディーラーで、○○の車買うんだっ♪』と確固たる意志を持ってディーラーに出かける方以外は、

営業マンがどんな誘い文句(今日決めて頂けると、○○万円安くなります。とか、今日限りでこのオプションが付くキャンペーンが終了するので、お客様本日お決めになられると大変お得ですよ!などの購入誘導文句)を言ってきても、

絶対にその日のうちに車の購入を決めないでください。

契約書にサインしないでください。

相手は車を売るプロですので、あの手この手で、今すぐにでも契約をさせようとしてきます。(あなたの営業担当が、その日の売上ノルマを未達成であればなおさら…です^^;)

いろいろ深く調べず、ちょっと見るだけ…のテンションで、来店して、その日のうちに契約をすると、たいがい後悔をする羽目になります…

*やっちまったー!失敗その①*

この日、私たちを迎えてくれた営業マンと話をしていく中で、今日買うつもりはなかったにもかかわらず、

キャンペーンが今日までなんです!とか、今日ご成約をして頂いたら、普段はつかないコレとコレのオプションがつきます!などと、

購買意欲をかなり刺激させる営業トークにのせられてしまったことです。

(実際購入してしまった後には、ちゃんと言われた通りのオプション品やサービスをつけてもらったので、詐欺ではありませんでしたが…)

なので、後述していく「よく店を比較検討して車を買う」や「ローンに対する希望や金利を熟考する」ことはほぼ出来ませんでした…。

何店舗か見てまわる

すでに買いたい車は決まっている。という場合、

近所やすこし足を運んだ先に、同じディーラーの他店舗があるかと思います。

そこでも即決しないで話を聞いたり、不明点を質問したりして少しでもわからないことや、モヤモヤしたところを極力無くしていきます。

同じディーラーでも、店舗比較をします。

(A店はこんなオプションをつけてくれると話していたけど、B店はオプションはそんなにつかない代わりに、車両本体価格の値引き交渉を引き受けてくれる…といったものです。)

*やっちまったー!失敗その②*

家を出た時点では、そろそろ我々の将来を考えたら次の車への(今乗っているのがスポーツセダンタイプだったので、ファミリータイプの車に)新車買い替えを検討したいから、ちょっと「お試し気分」でディーラーへ見にいこうという感じでした。

実際、その日は午前中に、車の話を担当者に聞いたり少し下見して、午後は映画を見に行こう…という計画でしたので^^;

まさか、丸一日…しかも夜まで拘束されると思いませんでした;;

事前に利用したい金融機関のローンがあれば金利や条件を調べておく

車を購入する場合、たいていローンを組むかと思いますが、その際に、

普段自分が使っている金融機関や、家族・知り合いからの話をもとに、簡単でもいいのでローンの資料を集めておくとよいでしょう。

その時にも、1社だけでなく2~3社くらいのローン商品の資料を調べておくといいですね。

そしてさらに可能であれば、その借りたい金融機関のローンの審査を受けておくといいかもしれません。

(ディーラー提携ローンと違い、審査が比較的厳しく、平均で約1週間ほど審査・回答期間がかかってしまいますが、金利も安いですし(例えば銀行系ですと年2%~4%)通しておけば、あとは借りるだけですので手間が楽かと思います。)

*やっちまったー!自分の失敗その③*

私は自分の車を、過去、親名義のローンで買ったことがあるので(未成年だった為、名義は親、支払は自分でしたが)ローンの金利比較についても多少していました。

そこで、親の会社に専属で入っている金融機関が、従業員向けに専用のカーローン商品を提案していて、ちょうどそのキャンペーン時に契約したので約年1.0%の金利でした。

ですが、今回パートナーが乗る車(その後2人で乗る車となるのですが)は、当時私は「パートナーが乗る車なので、支払いも相手だし直接自分には関係ない」

と人ごとに思っていました。(苦笑)

なので、パートナーに一般の金融機関のカーローンも、ローン組む際に視野に入れた方がいいとはアドバイスしませんでした。(今思うと、わかっていながら言わないなんてヒドい奴ですね;)

ディーラー提携のクレジット契約は(個人的に)おすすめしません

新車の購入に際しディーラーから、

「ぜひ当社提携のクレジット会社でローンを組んで頂き…」と強く、つよーーく、PUSH! PUSH! な勢いで勧められるかと思いますが、今現状であなたの生活環境から、ご自身で考え、少しでも迷いが生じるようでしたら、利用を断ったほうが賢明です

(私は、このポイントで激しくつまづき、今までの人生で稀にみる大ポカをやらかしたと思っています…;;)

逆に、ディーラー提携のクレジット会社を、よく良く考えた! その上で利用したい!

と思えたのでしたら、きっと後悔もしないでしょうし、迷いもないでしょうから、さわやかに契約に進んでください^^

ディーラー提携のクレジット会社のローンを、個人的におすすめしないと書いた理由ですが、

ローンを組む為の審査が早い・緩い!か・わ・り・に、金利が結構高いです。

(金利の相場例:一般の銀行系ですと年2~4%  ディーラーが提携しているクレジットローン会社だと年5%~7%

・借り入れできる期間が短い(最長7年)→一般の銀行などだと最長10年が多い

ただ、急遽、今後車を買い換えないといけない状況や、車を短期間で買い換える予定があるなどでしたら、ディーラーローンのほうがいいですね。 交渉次第で即日融資が可能な場合もあります。

*やっちまったー!自分の失敗その④*

これもひとつ前の理由と同じく、私が普段乗る車ではないから…という理由で、パートナーに「言われるがままディーラー提携ローンを組まず、(今我々と接客中の営業マンに何と言われても)一旦他(一般の銀行などの車ローン)と比較してからローンの契約を…」とハッキリ言えずに、そのまま金利の高いディーラーローンの契約をしてしまったことです。

しかも当時、パートナーは頭金で貯金が無くなってしまった為、ローン契約はその時組める最大の7年ローンで組んでしまいました。

あいまいな態度は見せない事

最初は本当はよそのお店を見たりしたいな、と思ってた…とか

新車は欲しい(買い換えたい)けど、今日は契約をするつもりじゃなかったのに…

と思っているのに、その気持ちを言葉にして切り出せず、あれよあれよという間に、契約書にサインしてしまった経験の自分から言わせていただくと、

(今日この店で)車を購入しようか迷っている

という気持ちが少しでもあるなら、その日の契約はやめたほうがいいです。

色々迷い考えながらフリでも話を聞いている態度でいると、気づいたら営業マンの言葉巧みな戦略にはまり、今日買うつもりは無かったのに、売買契約書にサインしてしまう流れに…^^;

なので、もし他の店とも比較検討したいとか、思うことがありましたら遠慮なくどんどん担当してくれている営業マンに言ってくださいね。(チキンな精神でいると営業マンに丸め込まれますw)

もしそれで売買契約に至らなかったことで相手の機嫌を損ねたりで、雰囲気が悪くなったとしても、正直なところあなたのせいではないので、気にせず自分の意思を伝えてください

(営業マンの機嫌を損ねないようにしても、営業マンがあなたの車を代わりにお金出して買って用意してくれるわけではありませんからね…^^;)

*やっちまったー!自分の失敗その⑤*

初めてローンを組む不安もあり、自宅に帰ってからもう一度「同居家族と相談」して…と言ったが、すでに時間は閉店一時間前。明日になれば今日と同じ販売価格・買い取り価格は出せないと言われました。(受けようによっては半分脅されているような感覚)

だが自宅まで車で片道約30分だったので、今戻っていたら再度来る時には閉店している為、帰宅して「同居家族と相談」は諦めざるをえなく…。

仕方なく店外に出て、電話で同居している家族と相談する。これからいずれ夫婦になり2人で使う車なので、2人で決めればいいと言われ、再び2人で話し合いました。

しかし、大きな買い物なのに、一刻も早く営業マンに伝える結論を出さなくては!と2人で焦っていました。

焦っているので、当然2人が納得いく結論も出てきません。

閉店時間も後10分と、おしてきたため、完全には納得できないまま、この店でディーラー提携ローンでの購入手続きをすすめてしまいました;。

まとめ

今回自分の過去の経験から、これからディーラーでの新車購入を考えているあなたに伝えたかったことは

・絶対その日に即決しない。

・何店舗か見てまわる。

・事前に利用したい金融機関のローンがあれば金利や条件を調べておく。

・ディーラー提携のクレジット契約は(個人的に)おすすめしない。

・営業マンには、あいまいな態度は見せない事。

この5つです。

とにかくマイホームに次いで、高額な買い物の部類に入る車の購入ですので、購入する際は事前準備をしっかりした上で、納得のいく車の購入をしてくださいね。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA