【ブログ超初心者】記事ネタが浮かばない!ネタに困った時の5つの解決法

今この記事にたどりついたあなたは、スラスラと日々ネタに困らず、苦労せずにブログ更新を出来ていますか?

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”あなた”]今日は何の記事書いたらいいんやろ… 全く思い浮かばんわー(-。-)y-゜゜゜[/speech_bubble]

となってはいませんか?

まず、基本としてブログネタに困った時は、往々にして言われる『あなた自身の観点で、日常に目を凝らす』こと。

そして『架空の相談相手の相談を受ける』ことが重要です。

このことについて以下詳しく書いていきますのでよかったらお付き合いください^^

かくいうわたしも、このブログを立ち上げた当初は、自慢にもなりませんが

 

約3000文字の1記事書くのにも8時間以上かかっていました。

 

さらにそもそも文章を書いたことがなく、小~中学生で得意だったのは国語でも『漢字の読み書き』Only。

そんなわたしに人に見せる『文章力』など皆無に等しく…(笑)

最初の数カ月は、1記事書くのすら苦痛で苦痛で、たまらなく苦痛でした。(口を開けば記事書けないとか、書かなきゃいけないけど書けない(悩 悩)

の毎日でした。

ずーーっとそんなことばかりグチグチ言っていました。

ですが、試行錯誤しつつもここで5ヶ月目。なんとかこれまでやってきたので、ブログを数記事書いてそこから先に進めない… 特に記事にするネタ切れで進めない…

というあなたへ向けて、僭越ながらわたしがどうやって向き合って、乗り越えようとしたかを書いていこうと思います。

当初の自分の状況

過去に、アメブロでもはてなブログでも、無料ブログですらやったことがなく、他の人と違い、『ブログに自分の近況や日記を書いて発信する』ということもそんなんやっても意味ないし…(-。-)y-゜゜゜

という考えの持ち主でした。

※日記を書くのに、ブログを利用する…という考えを否定するのではなく、わたしにとっては

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”日乃助”]日記を書くなら別に自分しか見ないクローズドな場所でも構わないんじゃない? [/speech_bubble]

という考えでした。

かなりプライベートなことを言葉を選ばず、感情の赴くまま暴れるまま書くことも多かったので、人に見せたくないという気持ちも強かったからだと思います。

ブログを書くにも『日記』ではなく、なにか人が読んで役に立つ情報でないとほとんど歓迎されないし、見もされないんだろうなぁ……

というのも薄々ながら思っていました。

どうしてネタがなかなか出てこないのか

まず、わたしもそうでしたが、なかなか記事の材料となるネタが出てこない原因で、あなたは以下に心当たりはないでしょうか?

★自分が人に教えれる得意・詳しいことがない

・自分にこれといった趣味がない

・趣味や得意なことはあるが人に教えられるほどではない。

・自分より詳しいひとが沢山いるのでネットを通して教えても仕方がない。

・詳しいことがあっても掘り下げて説明できるレベルは知らない。

…etc

★日々の生活に目をこらしていない

・仕事や家のことに追われて、自分のやることをこなすのに精いっぱいで、そんなまわりの小さなことに目を向けている暇がない。

・テレビや新聞・ネットは見るけれども、何となく見ていて特に印象に残らない。

・一つのことを見てもそれは当たり前と思い特に疑問も持たない。

★興味のあることがない

・時間をかけて調べてまで、知りたいことがない。

・むしろ調べる行為自体がめんどくさい。

★無意識のうちに自分で制限をかけてネタ探しをしている

・これは記事にするほどのことじゃない。

・こんなこと書いても仕方がないと、記事を書く前から自分自身にジャッジしている。

★自分の中にある考えや知識だけで記事を書こうとしている(善し悪しだが)

さて、あなたに、あてはまるものはありましたか?

もしあったあなたは、ここからその解決策について一緒に考えていきましょう。

ネタの先にある○○できない悩み

わたしも多聞にもれず、よく言われる『日常に目を凝らし、小さな出来事にも敏感になるように』してきました。

しかし、それをブログの記事ネタにすることがなかなかできませんでした。

なぜなら、

・ネタ候補が見つかってもそれを『どう』書いていいのかわからなかった

・ネタを見つけてもそこから何か特別に書けることがないといけないと思っていた

・小さなネタから、1記事にできるまで話を広げるのが苦手

この3つが主にわたしがネタを仮に見つけられても記事にまでできない理由でした。

わたしが試した5つの解決法

そこで日々、ネタとなることを探しながら、記事に仕立てようと頑張って苦戦していた中で、

実践してみたこと・感じたことを書いていきますね。

 

*記事ネタを探すには、受け身でなくもっと能動的に動く!

・普段から疑問に思うこと。

・これってどうしたらいいんだろうと困ったことをメモっておく。

 

*架空の相談相手を作り、あなたが相談に乗ってあげる

・脳内カウンセリングをする。

・アドリブが厳しければQ&A掲示板などを参考に、もし同じ相談を自分が受けたらどういう回答をしてあげるだろう などを考えながら答えてみる。

・この相談の記録をPCのメモ帳などにネタの下書きとして打ち込みながらでもよい。会話形式にしてみても。

 

*毎日を小さなことでも、創意工夫して過ごすようにする

・これはこうしたほうがもっといいのではないか…など。

例)梅雨時期に洗濯物を部屋干ししながら短時間でしっかり乾かす方法

 

*さらに自分が試してみた事

・朝起きて会社に行くまでの支度している時間。

・会社での休み時間。

・仕事中に手が空いたとき。

・自宅に帰って食事中。

・トイレに入っている時。

・お風呂に入っている時に記事のことをとことん考えるようにした。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”日乃助”] ブログ記事ノイローゼ?…えぇ!上等です!! [/speech_bubble]

ってくらいにねw

*これで悩んでるのは自分だけ?

・もしあなたがデジタルより手書き派で、もし手帳や日記を書いていれば、それを読み返し、どんな時に何の悩みで困っていたか探してみる。

・その悩みを同じような境遇の人に伝わるように、今の自分ならこうすると仮定して自分の考えを書いてみる。

まとめ

最初のうちは、何を書いたらいいかわからないという悩みとともに、ネタ探しにも時間がかかってしまうかもしれません。

今回の記事ネタがなかなかない!を解決するためのコツとしては

・架空の相談相手をつくり、自分がカウンセラーになったつもりで脳内カウンセリング

・自分が過去に困っていたことを書いてみる(記事のボリュームを増やすのに時間がかかるなど)

・日々の生活の中で自分が試してみた事をネタにして書く

を行ってみて、そこから話を広げていくことがネタを生めるきっかけにもなると思いますヨ。

まずは日々の生活の中で、ほんの小さなことでもいいのでネタにしてみようとする視点が記事に書くネタを見つける。そして、そうし続けることで、今後もネタに困らない状態を作り出せるのではないかな…と思っています。

わたしもまだまだその辺は勉強中ですので、随時気づくことがあれば追記していきますね。

この記事、参考になった!と思われましたら、下記からシェアをポチっと宜しくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA